サントリーのウィスキー樽を使用した家具・フローリング~趣が有りますね。

熟齢100年「サントリー樽ものがたり」と題し、醸造樽として使われた樹齢100年のビンテージオーク。高級家具材に用いられる柾目板特有のとらふ模様や長年樽材として活躍してきた証としての釘跡やお酒の染み跡。そんな樽材ならではの素材の持ち味が樹齢100年のクラシックアートとして商品に滲み出ています。椅子やテーブル、又住宅の造作材としてもその美しさは他に類を見ない世界にひとつだけのビンテージ物です。今の住まいは、大量生産・機能性ばかりが重要視されがちですが、せめて改装の時とかはリビングだけでも、自分だけのこだわりを持ちたいものですね~樹齢100年の床材やダイニングテーブルに囲まれて生活するのも楽しいと思いませんか。

コメントをどうぞ