‘土浦の話’ カテゴリーのアーカイブ

今度は、つくば市で竜巻発生です・

2012年5月10日 木曜日

地震の復旧も一段落して、新年度がスタートしたばかりなのに、今度はつくば市で竜巻が発生しました。

普段の取引先の家だったり、親戚のお宅だったりと、新聞やテレビを観るたびに、又、何時何処で突然発生するか

分からないと聞くと、皆、不安で一杯ですね。  被害にあった地域の方々には、一日も早く、落ち着いた生活を

取り戻せるように祈っています。

明けまして、おめでとうございます。

2012年1月5日 木曜日

昨年は、東日本大震災と言う日本の一大事が起き、震災直後は、当社でもその対応に飛び回っていました。茨城県南でもその影響は少なくなく、色々と考えさせられる一年でした。そういった中でもスポーツ界では明るいニュースも沢山有り、その活躍を見て勇気付けられました。今年も一生懸命頑張るのは当たり前ですが、一つ一つ着実に、常にお客様目線で、正直に明るく、次に繋がる仕事を自信を持ってこなして行きたいと思っています。

日本女子スポーツ、各分野で大活躍ですね~

2011年7月28日 木曜日

7/20には、なでしこジャパンが世界ランク1位の強豪アメリカを破って「W杯優勝」の快挙を成し遂げたし、7/25には、ゴルフの宮里藍がアメリカ女子ツアー「エビアン・マスターズ」で今期初優勝をしたし、今月は日本の女子選手が大活躍しましたね。ここぞとばかりにマスコミも大フィーバーを毎日取り上げてます。出発前とは全然違いますね。結果を出すことで、これからの取り巻く環境や金銭面でも相当違って来るでしょう・・・・結果を出す事で今までの努力が評価されたり、認められたりするんだと改めて思い知らされる瞬間です。明るい話題は個人的にも、何となく勇気付けられます・

太陽光が見直されています。

2011年5月20日 金曜日

福島原発の影響でしょうが、電気を生み出す仕組みとして無限のエネルギーとして、又安全なエネルギーとして太陽光が一気に見直されています。地球環境を守るという観点からも良い事だと思います。当社でもイーアスショッピングセンターの中の「京セラソーラー」・「INAXライファ」ショールームの改装を連休明けにさせて頂きました。業務提携の話も出てますから~関心のある方は是非、足を運んで下さい。

あちこちのショップも、5月の大型連休には復旧・オープンの見通しです。

2011年4月25日 月曜日

当社で施工したお客様ばかりではなく、初めてのお客様からも色々な復旧・改装の依頼が来てますが、優先順位を見極めて動いてます。勿論、調査にはお伺いしますが、まだまだ余震の警戒も必要ですから、一般の住宅は躯体に影響が無い場合は一時補強にさせて頂いています。当たり前ですが、学校や病院、老人施設などを最優先にさせて頂きました。その後、商業施設の復旧を10件程こなしました。5月の連休にはあちこちのショップもオープン出来るようですね。

地震の被害の差は、地盤の差でしょうか~

2011年4月10日 日曜日

築年数の違う住宅やアパート・マンション・・・・・店舗や商業施設などなど、相当数の建物の被害状況を見ました。60件位は調査のためにお伺いしたかな~築30年でも何とも無い家や最新工法で出来上がったばかりの家でも、相当の内部被害が発生したりとか様々です。今回の地震の周波との関係や地層との関連も有るみたいですね。

ガソリンが、手に入らない~

2011年3月20日 日曜日

東北地方の製油所の被害が影響しているらしく、どこのガソリンスタンドも大行列してます。情報網を駆使して何とか給油してますが、地震の被害に対応するために仕事として動き回っているんですが、あまり遠出は出来ません。ガス欠で出社出来ない社員もいます。仕方ないのかな?

地震の被害が日を追って見えてきてます。

2011年3月18日 金曜日

新聞・テレビでの被害状況を見る限りでも東北地方は茨城の何倍もの被害があったようですが、地震以上に津波の恐怖は凄まじいですね。茨城県南でも震度の大きさでその被害を判断できる物ではないようです。勿論、建物の年数やその構造の違いでも大きな差が有ったようです。又、地盤の違いも大きく影響しているようです。高層マンションでは、高層階の方が揺れは大きかったのは当然ですが地震による建物の被害より家具などの家財の被害や家具の転倒による床や壁の被害が大きかったようです。スーパーや量販店等の鉄骨の建物は、天井の落下した被害が沢山あります。これから日を追ってその被害状況が見えてくるはずですが、お客様の不安を解消するために、見えてない部分のダメージの説明などもきちんと説明して応急措置も行って、少しでも不安や恐怖を軽減させてあげることをしていく日々が当分続きそうです。

大地震~凄い揺れでした。

2011年3月15日 火曜日

正しく災害は、いつやってくるか分からないですね。当日は運転中でしたが、車が前後左右に激しく揺れて、本能で停車しました。周囲が田畑の県道だったのですが、電柱がまるで樹木のように大きくしなり倒れてきそうな勢いでした。停電で信号も消えてましたから、交差点では大渋滞だし、携帯電話は繋がらないし、あちこちの瓦や塀は倒れているし、直ぐに大変な事態だと感じました。現在は水道・電気は復旧しましたが、まだまだガソリンが、思うように入れられず、建物の被害を見て欲しいとのお客様からの電話にも回りきれず、きをもんでます。思った以上に地震のダメージが大きいお宅が沢山有ります。こういう時こそ自分に求められてる事を一つ一つこなして行かなければ成らないと思ってここ数日、早くから会社に来て対策・対応に努めています。

社内で使用していた工業用ミシンです。

2011年2月12日 土曜日

写真のミシンはカーテンの縫製用に使用していた工業用のミシンです。昭和57年製造のブラザーミシンです。モーターは日立製です。約30年前の物です。このミシンは3代目で、最初に導入してたミシンは更に15年前の物でした。10年前くらいまでは現在の打合せコーナーが縫製所で、縫い子も常備3名、外注の縫い子も3名いて、毎日、フル稼働でカーテンを縫っていました。現在は、カーテン生地の素材や縫製方法も全く変化して、いくらベテランの縫い子でも対応出来ないシステムになってしまったので専用の機械を配備したソーイング工場と提携していますが・・・・・たかがミシンと思うかもしれませんが、オーダーメイドのカーテンを作り上げるには熟練の「匠の技」が出要だったのですよ。量販店などがイージーオーダーのカーテンを扱えるようになったのも最新機器を駆使した大型工場が配備されて、その受け皿になってからですね~会社ショールームの入口に飾ってあるので、来店する人は皆、それぞれの思いで眺めます。形は違うけど昔、実家のおばあちゃんがよく踏んでたなぁ~とか思い起こすようです。当社のひとつの顔になってくれれば良いと思っています。